きゅうママの想像の源?

この土日は、漫画三昧の二日間でした。

そうです! 
一月から準備していたご褒美とは、コミック48冊!
さすがに、読み応えありました^^

ちょっと、気持ちは青春時代にカムバック中です~^^

b0140270_749754.jpg小学生の中ごろまで、イジメラレっ子だった私の心の逃げ場は、想像の世界(妄想ともいう)でした。

その、想像の世界を広げてくれたのが本でした。
そして、本と同じくらい、漫画も読みました。
テレビのアニメも好きでした。

小学生の高学年になったころ、イジメラレなくはなったけれど・・・・やっぱり、想像することは好きでした。

漫画やアニメの主人公が私だったら・・。
こんな冒険をしたり、空を飛んだり、魔法を使ったり!

小学校の最後の謝恩会で、クラスの皆と演劇をやることになって、その原作を私が作って褒められました。
嬉しかった。

だから、中学生になって演劇部に入りました。
本も漫画もアニメも舞台も、色んなものを読んで見て観て・・・・の3年間でした。
(勉強はちっともしませんでした^^;)
このころから、物語を自分で書き始めました。

高校生になって、漫研に入りましたが、あまりの暗さになじめず退部^^;
だけど、ひとりでもできる、想像という世界。
漫画や小説もどきを描いては、友達と交換してました。

益々、妄想の世界へのめり込み・・・・今の私が誕生です。

社会に出て、結婚して・・・もちろん、ちゃんと現実で生きてはいるけれど。
私の根源には“想像する楽しさ”が、あるんじゃないのかなって思います。

もちろん、楽しい事ばっかりじゃないけれど・・・・。
妄想ばかりじゃ、生きていけないことも分かっているけれど・・・。
妄想では、何の解決にもならないのだけれど・・・。


あ! 思い出したことがある!!

中学の頃、大好きなアニメの主人公が死んじゃって・・・
『〇〇が死んで、悲しい』
と、友人に話したら・・・
『なんだ、アニメじゃん。そんなくだらない事!』
と、言われました・・・。

しばらくしたら、その友人が
『▲▲が死んじゃった!!もう、悲しい~!!』
・・・・その▲▲とは、当時大人気だった柴田恭平が演じていたドラマの主人公。

確かに・・・
アニメの主人公は、実際に息をしてはいないけど・・・。
ドラマの主人公は、生きている役者さんが演じているんだけれど・・・。
アニメとドラマで、何が違うんじゃい!

当時感じた違和感というのか、理不尽さは、今も胸に残っています。


・・・話を戻して・・・^^;

私にとってのアニメ・漫画・本とかは、楽しかったり感動したりするものでもあるけれど。
想像する楽しさの元を、もう一度思い出させてくれるアイテムなのかもしれません。

そのアイテムは、人それぞれ違うもの。
スポーツだったり、音楽だったり、麻雀だったり。
色々でいい・・・色々だから楽しい♪

さ、心もリフレッシュしたところで、今日も教室~♪
行って来ま~す☆

にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
 ↑ あなたの“クリック”で、青春時代が蘇る~^^
[PR]
by kyu-mama-etegami | 2015-03-09 08:38 | 日常の事 | Comments(2)
Commented at 2015-03-09 16:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きゅうママ at 2015-03-12 09:12 x
鍵コメサン♪
一応・・・引っ越しの旅に整理したり処分するのですが^^;
何故か増えていくんです♪


<< 宝塚絵手紙? その3 そして宝塚♪ 宝塚絵手紙? その2 そしてご褒美! >>