記憶と史実の違い

台風接近中!
北関東~東北の方、ご注意ください。

守谷は、雨足が強くなったり止んだり・・・。
風も、止んだり強くなったり・・・。

河川の増水や、飛んで来るものに気を付けてください。

b0140270_86048.jpg奈良で観てきた、中宮寺の菩薩半跏思惟(ぼさつはんかしい)像です。

中宮寺は、聖徳太子が実母の穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)の冥福を祈願して建てたとか・・・?
皇女が希望して建てたとか・・・?

菩薩像は穴穂部間人皇女に似ているとか?

史実とフィクションの境目が、うろ覚えです。

今回の奈良の旅のテーマは聖徳太子
夢殿と中宮寺は外せません♪
(いや、他にもゆかりの物はあるのですが。)

夢殿で、聖徳太子(王子)が、瞑想して過ごした・・・と信じていたのに。
行信僧都という高僧が、聖徳太子の遺徳を偲んで建てた事を初めて知り・・・。
ちょっと、心が折れかけました^^;

だってねぇ、歴史を記憶する時は、コミックスという年代ですから~♪
ここで、厩戸王子が蘇我毛人(そがのえみし)と・・・なんて、思っていたのですよ。
(あくまでフィクションです!)

今度の絵手紙展では、奈良でのスケッチも、展示するつもりです。
よこしまな(?)心で観た奈良を、感じて頂ければ・・・・。

さて今日は、台風をくぐりながら本業です♪
早めに出掛けよう!



絵手紙展のご案内はこちら→



にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
 ↑ あなたの“クリック”で、台風があっという間に通り過ぎる!!
[PR]
by kyu-mama-etegami | 2016-08-30 08:35 | 絵手紙 | Comments(0)


<< 展の準備や、あれたこれや 絵手紙展のタイトル >>