2018年 08月 01日 ( 1 )

100均の木製BOXに描いてみた

暑い中、心持にしていたクーラーですが・・・・。
色々あって、設置できませんでした^^;
もう、11日間・・・・待つ事になりました(ToT)

それでは、問い合わせの多かった、木製ティッシュBOXについて・・・です。
そんな・・・・あらたまって、UPするほどの物では、無いのですが・・・・^^;
b0140270_8251668.jpg
用意するものは、
・100均(私はセリアで購入)の木製BOX
・100均の紙やすり

まずは、紙やすりの、荒目→中目→細目・・・と、表面が滑らかになるように、順番にかける。



b0140270_8305131.jpg
今回、絵を描くのに使った道具
・線 ピグマペン 0.5と0.8
・彩色 コピックチャオ(イラスト用ペン)

お持ちのカラーペンでもOKですが、油性・水性の差は、用途によって、各自ご確認ください。
(コピックは鮮やかなので、好きです♪)


b0140270_8362568.jpg下書きなしで、線描き。

使うペンの種類によって、線の細い・太いがありますので、お好みの物をチョイスして下さい♪

今回は、ピグマペン0.5と0.8を使用。
墨でも迫力あってOK♪
筆ペンは、溶け出すものがあるので注意が必要!


b0140270_8384134.jpg
線描きを終了。
毎度おなじみのと季節の花の向日葵を描きました。

BOX全体に、まんべんなく描くのがポイント。
文字を書いても、面白いと思います。




b0140270_8431522.jpg猫の細かなパーツから彩色します。
(牙・耳の中・肉球・鼻・・・等)

ペンをいちいち変えるのがメンドクサイので、細かなパーツは、まとめて彩色するとベターです。

この、細かな物を塗るのに、コピックのペン先が便利なんです♪


b0140270_8464321.jpg
猫のパーツの、彩色終了。

首輪の色は、全員、変えてみました。






b0140270_8482073.jpg
猫の彩色。
三毛猫ですが・・・それらしい色を、初めに数色用意します。

細かなパーツは、まとめて彩色しましたが、本体は一人ずつ、ペンの色を変えながら、彩色します。

今回使ったのは、このあたりの色・・・です。

ここには写っていませんが、ほっぺたの色と、ベージュ系の陰の色も使いました。




b0140270_8531545.jpg
向日葵の彩色。

猫本体と同じように、花の色を4色くらい用意。

数種類の色を用意しておくと、グラデーションを出したり、強弱を付けたり出来るからです。





b0140270_856501.jpg花弁のグラデーションを付けるために、ベースの色からちょっと濃い色を乗せます。

コピックは、紙に書くのに適した彩色の道具です。

始めの色を塗ったて、まだ濡れているうちに次の色を乗せると、綺麗なグラデーションが描けます。

写真を撮るのに気を取られ・・・乾いてしまい、くっきり色が分かれてしまった!

最期に、バックの色を塗って出来上がりです♪
b0140270_903951.jpg

注意点
・木製なので、目に沿って色が走ります!
・ペンによっては、にじみが強いので、せんの内側から色を付けましょう!
  (はみ出します!!)
・使う道具によっては、擦れ等によって、色移りする恐れがあります。
・仕上げにニス等を塗ってもいいかも・・・ですが、水生・油性を、必ずご確認ください。


あとは、あなた次第!
楽しんでくださいませ♪


さぁ、今日も仕事だ!
頑張ります♪


長野県栄村にて、絵手紙アイデアのとびらフェスティバル開催中です。
とても好評で、9月3日まで展示期間延長です♪

記念スタンプ・風景印で楽しむ絵手紙 も同時開催中♪

詳しくはこちらから→



にほんブログ村
 ↑ 木戸銭代わりに“ポチッ”とお願いします♪
--------------------------------
[PR]
by kyu-mama-etegami | 2018-08-01 09:08 | 絵手紙 | Comments(2)